タバコとくすみの関係性とは?

タバコは血行不良・血色不良によるくすみを招きやすい

タバコがくすみの原因となる大きな理由のひとつとして挙げられるのが、「血行不良と血色不良を招く」というものです。
顔の肌が薄いからこそ、血行不良や血色不良は、「顔色の悪いくすみ」として出てしまうのです。

 

では、なぜ、タバコで血行不良や血色不良が起こるのかというと、タバコを吸うと、ニコチンなどの有害物質の影響で血管が収縮してしまうため、血行不良が起こります。

 

そして、タバコから発生する一酸化炭素が、血液中のヘモグロビンと結びついてしまう、という現象も起こります。
ヘモグロビンは酸素と結びつくことで、全身に酸素を供給するのに役立っているのですが、それを一酸化炭素がジャマしてしまうわけですね。

 

こうして血液は「ヘモグロビンがうまく酸素と結びつくことができない酸欠状態」になってしまい、血の色がどす黒くなって、血色不良を起こしてしまうというわけなのです。

 

さまざまな有害物質・毒素が肌老化を早める

 

タバコがくすみの原因となるもうひとつの大きな理由としては、「ニコチンやタールなど、タバコに含まれる数多くの有害物質や毒素が、細胞に直接ダメージを与えるだけでなく、活性酸素も発生させるというダブルの悪影響を発生させ、肌老化を早めてしまう」というのも挙げられます。

 

肌が老化すれば、古い角質が落ちないことによるくすみや、細かいシワなどの発生による肌ヨレくすみもできやすくなってしまうというわけです。

 

当然のことながら、タバコの肌に対する悪影響は、くすみだけではありませんよ。
有害物質や毒素によって、深くクッキリとしたシワや、目立つシミなどもできやすくなってしまいます。

 

喫煙は、健康にとっても美容にとっても、正に「百害あって一利なし」と言える習慣なのです。