くすみ対策ピーリングをした後のスキンケア

自宅でのピーリング後の、肌ケアのポイント

市販のピーリング剤や乳清を使っての自宅ピーリングは、「エステ等に出かけることなく、手軽に古い角質を落として肌のトーンを明るくできる」というすぐれた手段です。

 

しかし、ピーリング後の肌はデリケートになっていますから、そのケアを忘れてしまうと、肌トラブルを起こしてしまうリスクが大幅に高まってしまいますので、注意が必要です。

 

自宅ピーリング後は、どんなケアをすればいいのでしょうか?

 

ピーリング後はスキンケアとUV対策をしっかりと!

 

ピーリング後は、角質層が薄くなっているため、肌はいつもよりさらに外部からの刺激に弱く、しかも肌の内側から水分が抜けやすい、という状態になっています。

 

そのため、「いつも以上に保湿成分を与え、肌から水分を逃さないようにする」ということと、「UV対策をよりしっかりと行う」ということの2点を守ることが大切です。

 

ですからまず、保湿成分と美白成分が豊富なスキンケア用品をいつもよりもたっぷりと使って、肌からの水分蒸発とメラニン生成を防ぐよう心がけましょう。
特に、「美容成分濃度が濃い美容液を、いつもの倍以上つける」というやり方がおすすめです。

 

そして、ピーリング後はできれば「まる1日外出せず、紫外線を受ける量を最小限にする」のが望ましいのですが、そうもいかない場合は、低刺激で紫外線吸収剤不使用の日焼け止め+パウダーファンデーションでしっかりとUV対策をして出かけましょう。

 

ピーリング後はスキンケアの有効成分を浸透させるチャンス!

 

さて、先ほど「ピーリング後は肌がデリケートになっているので、その肌を守るために保湿成分と美白成分が豊富なスキンケア用品をたっぷりつけるのがおすすめ」とお話ししましたが、スキンケア用品をたっぷりつけるのには、肌の保護以外にもうひとつ意味があります。

 

それは、ピーリング後は、スキンケア用品の有効成分が浸透しやすくなっているので、この機会にたっぷりと有効成分を届けておくと、より高い効果が期待できるということです。

 

化粧水をいつもより多めにつけ、さらに美容液をたっぷりつけたあと、温めた手で顔全体をおおうようにして軽く押さえこむと、本当によくなじみますよ。