メラニン生成抑制に役立つ成分はこれだ!

メラニンによるくすみを予防するためには、やはり何よりも「メラニンの生成を抑制する」ということが大切です。

 

そのために役立つ成分としては、以下のようなものが挙げられます。

 

  • ビタミンC誘導体
  • コウジ酸
  • ニコチン酸アミド
  • アルブチン
  • 甘草エキス
  • ナイアシン
  • プラセンタ
  • カモミラET

 

メラニンによるくすみ予防を考えるなら、これらの美白成分が配合されているものを選ぶといいでしょう。

 

1つだけの美白成分ではなく、複数の美白成分が配合されているものがおすすめです。

 

すでにできてしまったメラニン対策に役立つ成分はこれだ!

 

メラニンによるくすみ予防ではなく、すでにできてしまったメラニンくすみの対策として有効なのが、「ハイドロキノン」です。

 

ハイドロキノンは、メラニンの生成を抑える働きがありますが、もうひとつ、「メラニンを漂白する」という作用があるのが特徴です。

 

実際、美容皮膚科などでも、シミ消しを目的としてハイドロキノン配合のクリームなどが処方されるケースも多いんですよ。

 

ただし、ハイドロキノンは肌刺激が比較的強いため、スキンケア用品への配合濃度は少し低めに制限されています。
ですから「ハイドロキノン配合のスキンケア用品を使えば、ハイドロキノン薬と同じくらいの効果が得られる」とまではいかない、という点は理解しておきましょう。

 

また、ハイドロキノンは変質しやすいという弱点も持っていますので、「ハイドロキノンを安定化させて配合しているか」などといった点を、スキンケア用品のメーカーホームページ等で見てみるのもおすすめです。

 

また、先ほど挙げた「メラニン生成抑制に役立つ成分」の中でも、ビタミンC誘導体には、「メラニンを徐々にに白色化させる」という作用があります。ハイドロキノンの漂白作用にはおよびませんが、肌に対する安全性はきわめて高いので、「安全性最重視で、長い目でケアする」という人には、こちらのほうがおすすめです。

メラニンによるくすみ対策のスキンケア成分関連ページ

肌乾燥によるくすみ対策
肌ヨレによるくすみの多くは、肌の乾燥が主原因となっています。 肌が乾燥すると、乾燥ジワができたり、角質がカサカサしてしまうため、光の反射がにぶるんですよ。 というわけで、ここでは肌乾燥によるくすみの対策に使えるスキンケア成分をご紹介しましょう。
血行不良のくすみ対策
「顔の血行が悪い」というのも、くすんで見える原因となってしまいます。 「すっぴんだと、顔色の悪さを心配されることが多い」というような人は、この血行不良によるくすみを改善していく必要があります。 というわけでここでは、肌の血行促進に役立つスキンケア成分をご紹介しましょう。
くすみ防止のため日焼け止め活用術
くすみを対策するためには紫外線対策を入念にする必要があります。そのために日焼け止めを上手に活用する方法を身につけましょう。
くすみ対策になる顔の産毛ぞりのコツと注意点
顔色をワントーン上げるには顔の産毛剃りも効果的です。しかしシェービングは肌に負担をかけるので、細心の注意を払って行いましょう。