絶対にほしい保湿成分はこれだ!

肌乾燥を改善するためには、スキンケアにおいて保湿成分を補給することがとても重要となります。

 

保湿成分にはさまざまな種類がありますが、まずは「絶対にほしい保湿成分」として挙げられるのが、「セラミド」です。

 

セラミドは細胞間脂質の一種で、「角質層の細胞と細胞の間にうるおいを蓄える」のに不可欠な保湿成分です。
これがなければ、細胞間に水分をうまくつなぎ止めることができません。

 

ですから肌乾燥によるくすみ対策をしたいなら、まずは「セラミドが配合されているかどうか」をチェックしましょう。

 

ただし、近年ではスキンケア用品メーカーが、複数の保湿成分を組み合わせた独自成分なども開発していますので、「成分一覧にセラミドがない=セラミドが使われていない」とは限りません。
独自成分配合のスキンケア用品の場合は、「その独自成分の中に、セラミドが組み込まれているかどうか」をチェックするようにしましょう。

 

その他・有効な保湿成分はこれだ!

 

というわけで、肌乾燥によるくすみ対策のために、最重要となる保湿成分はセラミドと言えるのですが、できれば、その他の有効な保湿成分もプラスして、より保湿効果を高めたいものです。

 

そのための有効な保湿成分としては、以下のようなものが挙げられます。

 

  • 天然保湿因子(NMF)
  • ヒアルロン酸
  • トレハロース
  • コラーゲン

 

この中でも、天然保湿因子やヒアルロン酸は特におすすめしたい成分ですね。
天然保湿因子は「角質細胞内で水分を保持するのに役立つ」という性質を持っているので、セラミドの保湿効果とうまく役割分担ができますし、ヒアルロン酸はあらゆる保湿成分の中でも、バツグンに高い保水力を持っていることが大きな強みとなっています。

肌乾燥によるくすみ対策に!注目のスキンケア成分関連ページ

メラニンによるくすみ対策のスキンケア成分
正しいスキンケア用品選びは、くすみの悪化防止・改善のために欠かせないポイントです。 くすみは、メラニンによるもの・血行不良や血色不良によるもの・肌のヨレによるものなどといった種類がありますが、まずはメラニンによるくすみ対策におすすめの成分をご紹介しましょう。
血行不良のくすみ対策
「顔の血行が悪い」というのも、くすんで見える原因となってしまいます。 「すっぴんだと、顔色の悪さを心配されることが多い」というような人は、この血行不良によるくすみを改善していく必要があります。 というわけでここでは、肌の血行促進に役立つスキンケア成分をご紹介しましょう。
くすみ防止のため日焼け止め活用術
くすみを対策するためには紫外線対策を入念にする必要があります。そのために日焼け止めを上手に活用する方法を身につけましょう。
くすみ対策になる顔の産毛ぞりのコツと注意点
顔色をワントーン上げるには顔の産毛剃りも効果的です。しかしシェービングは肌に負担をかけるので、細心の注意を払って行いましょう。