くすみ防止のための日焼け止め利用のポイント

「日焼け」というのは、言うまでもなく、肌にメラニンを大量に作り出してしまうものです。

 

だからこそ、くすみ防止のためには「日焼けを防止するために、日焼け止めを使う」ということも不可欠。

 

ですが、日焼け止めの選び方や使い方を間違えると、肌トラブルのリスクを高めたり、「せっかくの日焼け止めの効果がきちんと得られない」という事態にもなりかねません。

 

日焼け止めの選び方・使い方のポイントをご紹介しましょう!

 

紫外線吸収剤より紫外線散乱剤配合の日焼け止めを選ぼう!

 

日焼け止め選びの大きなポイントとして挙げられるのが「紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤が配合された日焼け止めを使う」ということです。

 

なぜなら、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤では、肌にかける負担の度合いが大きく違うからです。
紫外線吸収剤は、それ自身が紫外線を吸収してくれるのですが、その分「紫外線吸収時に化学変化を起こしてしまう」という、肌への刺激リスクを持っています。

 

その点、紫外線散乱剤は「肌の上で、紫外線をはね返す」という形でブロックするだけなので変質のリスクが非常に少ないのです。

 

「ノンケミカル」「紫外線吸収剤不使用」などと書かれているものを選ぶといいでしょう。

 

強すぎる日焼け止めはいらない!?

 

日焼け止め選びにおいて、もうひとつ気をつけたいのが、「SPF50・PA++++などの最強クラスの日焼け止めを毎日使うようなことはしない」ということです。

 

日焼け止めの効果数値が高ければ高いほど、肌につけている間の肌負担が大きくなります。

 

それよりも、SPF20〜30、PA++程度の日焼け止めを選んだほうが、肌負担が軽くて済むのです。

 

「その程度の効果数値じゃ不安」と思われるかもしれませんが、メイク時のファンデもある程度は日焼け止めの効果を果たしてくれますし、何より「SPF50・PA++++というような強力な日焼け止めは、炎天下のレジャーに行くのでもない限り、必要ない」というのが現実です。

 

毎日肌につけるものだからこそ、そんな強力で肌負担が大きいものを使用し続けるのはおすすめできませんよ。

 

日焼け止めをすりこむのはNG!

 

日焼け止めをつける際に、指の腹でグリグリと肌にすりこむようにする人がいますが、実はこれは間違ったやり方です。

 

なぜなら、日焼け止めは「肌表面にきちんとベールを作るように残ってこそ、効果が得られるもの」だからです。

 

肌表面に残すべき日焼け止めを無理やりすりこむのは、日焼け止めの効果が低下してしまうだけでなく、肌に摩擦や引っ張りの刺激を与えることにもなってしまいますので、何もいいことはありませんよ。

 

ムラなくつけて、ポイントで重ねづけをしよう!

日焼け止めの正しいつけ方は、「まずは、顔全体に日焼け止めをむらなくなじませて、その後に、日焼けしやすいポイントに重ねづけをする」という感じです。

 

手のひらに「少し多いかな?」と思うくらいの日焼け止めをとって、それを鼻の上・額・あご・ほおの部分に分けるようにしてつけてから、なるべく均等に顔全体に伸ばしていきましょう。

 

そして、日焼けしやすいTゾーンと、頬骨からこめかみにかけての部分に重ねづけをすればOKです。

 

こうして顔につけ終わったら、耳の後ろや首などにも、忘れず日焼け止めをつけておきましょう。

くすみ防止のため日焼け止め活用術関連ページ

メラニンによるくすみ対策のスキンケア成分
正しいスキンケア用品選びは、くすみの悪化防止・改善のために欠かせないポイントです。 くすみは、メラニンによるもの・血行不良や血色不良によるもの・肌のヨレによるものなどといった種類がありますが、まずはメラニンによるくすみ対策におすすめの成分をご紹介しましょう。
肌乾燥によるくすみ対策
肌ヨレによるくすみの多くは、肌の乾燥が主原因となっています。 肌が乾燥すると、乾燥ジワができたり、角質がカサカサしてしまうため、光の反射がにぶるんですよ。 というわけで、ここでは肌乾燥によるくすみの対策に使えるスキンケア成分をご紹介しましょう。
血行不良のくすみ対策
「顔の血行が悪い」というのも、くすんで見える原因となってしまいます。 「すっぴんだと、顔色の悪さを心配されることが多い」というような人は、この血行不良によるくすみを改善していく必要があります。 というわけでここでは、肌の血行促進に役立つスキンケア成分をご紹介しましょう。
くすみ対策になる顔の産毛ぞりのコツと注意点
顔色をワントーン上げるには顔の産毛剃りも効果的です。しかしシェービングは肌に負担をかけるので、細心の注意を払って行いましょう。