くすみを増やさないための正しいクレンジング

クレンジングは、メイク汚れなどのガンコな油系の汚れを浮かせて落とすために欠かせないものですが、「油系の汚れを浮かせるための油分および、その油系の汚れとクレンジング剤の油分そのものを流すための界面活性剤が使われている」という特性があるため、肌にかなりの負担をかける、というデメリットもあります。

 

だからこそ、くすみを増やさないためには、クレンジングによってかかる肌への負担を、できるだけ最小限に抑えることが大切なのです。

 

肌に負担をかけやすいクレンジング剤を避けよう!

 

クレンジングによる肌への負担をできるだけ少なくするには、まず「肌への負担が大きいクレンジング剤は使わない」ということが不可欠です。

 

肌への摩擦の刺激が大きい、ふきとりクレンジングを避けるのはもちろんのこと、オイルタイプやリキッドタイプも避けましょう。

 

オイルタイプやリキッドタイプは、クレンジング剤の中でも特に強力な界面活性剤が使われているため、その界面活性剤による肌負担が大きいのです。

 

クレンジングに長い時間をかけるのもNG

 

「クレンジング時に顔マッサージをする」「毛穴の汚れも落とそうとして、長くクレンジングする」というような行為も、肌に大きく負担をかけてしまうのでNGです。

 

クレンジングの目的は、あくまで「油系の汚れを肌表面から浮かせる」というだけのことですから、マッサージクリーム代わりに使ったり、クレンジングだけで徹底的に汚れを落としきろうとすることが、そもそもの間違いなのです。

 

正しいクレンジングの方法はこれだ!

 

では、正しいクレンジングの方法とはどういうものなのかというと、以下の手順を守ることが大切です。

 

クレンジング剤は、クリームタイプまたは白っぽい色のジェルタイプを選びます。

 

@まずTゾーンにつけて指の腹でなじませる。
A次に、あご・頬につけてなじませる。
B皮膚の薄い目元のクレンジングはラストに回す。
CTゾーンから目元までのクレンジング、この一連の手順を40秒ぐらいで済ませる。
Dすすぎはぬるま湯でおこなう。

 

こうした手順でクレンジングを終了した場合、おそらく、肌にはまだ多少のべたつきやメイク汚れが残っていると思いますが、たとえ多少の汚れが残っていても、次の洗顔で落とせますので気にしないで下さい。

 

「クレンジングで汚れを落としきることにこだわらない」ということが、肌への負担を減らすためのコツなのです。

くすみ対策のクレンジング方法関連ページ

くすみ対策のための正しい洗顔法
くすみを増やさないためには、クレンジングの次の手順である洗顔も、肌にできるだけ負担をかけないようにすることが大切です。 正しい洗顔のルールを覚えておきましょう!