どんなファンデーションがいいの?

くすみを作らないためには、どんなファンデーションがいいのでしょうか?

 

それはズバリ、「パウダーファンデーション」です。

 

なぜ、パウダーファンデーションがおすすめなのかというと、リキッドファンデーションに比べると、肌に対してずっと低刺激だからです。

 

リキッドファンデーションは「肌にすりこむようにしてつける」というつけ方になるので、肌を指でぐりぐりとこすることによる摩擦刺激や、肌が引っ張られてしまうリスクがきわめて高いのですが、これに対してパウダーファンデーションは、「肌の上にスポンジでサッと伸ばして粉を乗せるだけ」なので、摩擦と引っ張りの刺激が最小限で済むのです。

 

さらに、リキッドファンデーションは「油分と水分を混ぜて作る」という製造工程の都合上、強力な合成界面活性剤が配合されているので、これが肌に対してさらに大きな負担をかけてしまうリスクがあります。

 

ですが、パウダーファンデーションの場合は、そもそも製造過程で合成界面活性剤を使う必要性がほとんどないので、合成界面活性剤不使用のものが多いのです。
中には、わずかに合成界面活性剤が使用されているものもありますが、それでも配合量はリキッドファンデーションに比べると、ごくごくわずかなものです。

 

つまり、「ファンデーションの肌へのつけ方においても、成分においても、パウダーファンデーションのほうがはるかに低刺激で済む」というわけです。

 

パウダーファンデーションならUVカット力も期待できる!

 

くすみを作らないために、パウダーファンデーションがリキッドファンデーションよりもおすすめな理由は、もうひとつあります。

 

それは、「パウダーファンデーション自体に、UVカット力があるため、メラニンくすみを予防できる効果も期待できる」ということ。

 

なぜ、そんな効果が期待できるのかというと、パウダーファンデーションは粉の密度が高く、さらにその粉は、紫外線を通さないからです。

 

特にSPF値だのPA値だのが書かれていなくとも、「パウダーファンデーションの粉」というだけで、物理的に紫外線をブロックすることが可能なんですよ。
しっかりとパウダーファンデーションをつけていれば、真夏以外の季節の軽い外出ぐらいなら、これだけで顔のUV対策を済ませることも可能です。

 

これに対してリキッドファンデーションは粉の密度が低いため、そこに日焼け止め成分でも配合していない限り、UVカット効果はほとんど期待できません。
この点でも、パウダーファンデーションに軍配が上がるというわけですね。

くすみを作らないためのパウダーファンデのススメ記事一覧

 

パウダーファンデーションは、リキッドファンデーションに比べて肌につける時の摩擦や引っ張りの刺激が少なく、しかもUVカット効果まで期待できるという、くすみ予防に役立つスグレモノなのですが、ひとつ、大きな弱点があります。それは、「粉浮きしやすい」ということ。これが理由でパウダーファンデーションの使用を避ける人も少なくありませんよね。しかし、メイクの前のスキンケアにおいてちょっとした工夫をすれば、粉浮き...